So-net無料ブログ作成
検索選択

歌いやすいアニソン難しいアニソン 6 [カラオケ上達レッスン♪]

昭和のアニメで忘れてはいけないのは、映画版も数多く制作された松本零士作品だろう。まずは、代表作の「宇宙戦艦ヤマト」の同名主題歌の音域から。
音域20度、最低音G、最高音E♭と最近のアニソンと比較すると低音部分が低いのでなかなか大きく歌い上げるのが難しいところかな。話はちょっと違うんだけれど、プロも含めて最近の歌が上手な人たち、低音の出し方がおかしい人が多い。たぶん軟口蓋(なんこうがい)の使い方が悪いんだと思う。悪い意味でカラオケ慣れしているせいだろうね。

宇宙戦艦ヤマト
宇宙戦艦ヤマト

上の主題歌と同じく、ささきいさおが歌った宇宙戦艦ヤマトのエンディングテーマ「真っ赤なスカーフ」。音域17度、最低音B、最高音Eと音域は宇宙戦艦ヤマト主題歌よりも狭いものの最高音は半音上。ここでの譜例で最高音が五線の一番上あたりにある男性の歌を女性が歌う場合は、キーを上げていくよりも下げた方が一般的には合わせやすいはずだ。五段階くらいさげて歌ってみて、あとは微調整してもらうといいだろう。

真っ赤なスカーフ
真っ赤なスカーフ

譜例下は、今でも男性ファンの多い宇宙海賊キャプテンハーロックの同名主題歌。音域17度、最低音B、最高音E と上の真っ赤なスカーフと同じ音域だ。昭和のアニソンは狭い音域の中でうまく上下の跳躍が使われているメロディーなので、音域は狭いはずなのに高音部がより高く、低音部はものすごく低く感じるカラオケファンも多いかも知れない。リズムも一口に8ビートと言っても今風のリズムとは違うので、うまくリズムに乗れないとちぐはぐな歌になってしまう。

key-anime-16Herlock.gif
キャプテンハーロック

最後は、上のキャプテンハーロックと同じく水木一郎が歌った「銀河鉄道999」(ぎんがてつどうスリーナイン)の同名主題歌。音域19度、最低音A、最高音E と宇宙戦艦ヤマトと同じく音域はやや広め。実際、今回紹介したアニソンの中では一番苦しく感じる歌ではないだろうか。特にサビのブレスが悪いと高音部分で声が出なくなってしまう。

key-anime-17Galaxyexpress.gif
銀河鉄道999




カラオケ&弾き語りレッスンへはクリック! カラオケがうまく歌えなくて悩んでいるかた、楽器未経験でもピアノ弾き語りに挑戦してみたいかたなど、教室でのカラオケ上達レッスンに興味のある方は、 メインサイト、☆脱!カラオケコンプレックスのレッスン案内のページもあわせてご覧下さい。