So-net無料ブログ作成

カラオケで歌う昭和アイドルポップス [カラオケ上達レッスン♪]

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のヒットで天野春子(小泉今日子)がドラマで歌う「潮騒のメモリー」もヒットしているようだ。どこへ行っても「あまちゃん」の話題を聞くので驚いてしまう。「潮騒のメモリー」は聞いている以上に音域が広いようだけど、小泉今日子のアイドル時代の歌はキーは高めだけれど音域は広くないので歌いやすい歌も多いと思う。☆脱!カラオケコンプレックスのアーティスト別のカラオケ企画では、今回は吉幾三がフォークソングを中心にカバーしたアルバムをとりあげているが、せっかくなので昭和アイドルポップスの中からキョンキョンこと小泉今日子の歌をピックアップしてみよう。
小泉今日子のほとんどの歌はだいたい同じくらいの音域で作られているけれど、高いところで苦労しなさそうな歌だと「艶姿ナミダ娘」とか「魔女」がわりと上下動が少ない部分が多いかな。THE ALFEE 高見沢俊彦作曲の「木枯らしに抱かれて」もメロディーが耳に残りやすいのでカラオケで歌いやすいと思うけど、後半に転調してキーが変わるから注意してね。
「渚のはいから人魚」「ヤマトナデシコ七変化」「なんてたってアイドル」なんてヒット曲も高めとは言っても、今時の歌みたいに極端に裏声で歌わなくちゃいけないほど高くはないからカラオケでも大丈夫。中でも「あなたに会えてよかった」はわりと歌いやすいと思う。小泉今日子の歌で難曲というとやっぱり名曲の「優しい雨」かな。


カラオケ&弾き語りレッスンへはクリック! カラオケで歌えなくて困っている方、楽器未経験でもピアノ弾き語りに挑戦してみたい方など、教室でのカラオケ上達レッスンに興味のある方は、 メインサイト、☆脱!カラオケコンプレックスのレッスン案内のページもあわせてご覧下さい。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽