So-net無料ブログ作成
検索選択

歌いやすいアニソン難しいアニソン 3 [カラオケ上達レッスン♪]

日本のアニメ作品といえば、ジブリアニメを真っ先にあげる人も多いと思うが、宮崎駿監督の作品だけでもヒット曲は多い。リアルタイムでは聴いたことがなかった世代が加藤登紀子や松任谷由実(荒井由実)の歌を知るきっかけにもなっている。

君をのせて 天空の城ラピュタ

特定の年代のジブリファンには絶大な人気を誇る「天空の城ラピュタ」。メロディーの音程もなぞりやすく、フレーズの切れ目もわかりやすい名曲「君をのせて」。歌いづらいっていうカラオケファンも多いと思うが、やはり女性が歌うにはオリジナルのままではキーが高いのが原因だ。逆に低音がほとんどないので、男性のほうがオリジナルキーで歌いやすい一曲かも知れない。音域17度、最低音B♭、最高音E♭で音域自体は極端に広いわけではないので女性が歌う場合は少しキーを下げれば歌いやすい。

炎のたからもの ルパン三世カリオストロの城

時代を超越した人気アニメ、ルパン三世の唯一のジブリ作品「カリオストロの城」。その主題歌「炎のたからもの」。ほかのルパン三世シリーズと同様、この曲も大野雄二作品だがジャズのテイストはおとなしめになっている。音域17度、最低音F、最高音B♭で女性が歌う場合もこの「炎のたからもの」は低く感じる人もいるかもしれない。女性も男性も声が出しづらい人は、この歌はキーを上げていく方が合わせやすいだろう。

さよならの夏 コクリコ坂から

前の「炎のたからもの」も実はワルツ(三拍子)なのだがジブリにはわりと三拍子が登場することが多い。この「コクリコ坂から」の主題歌「さよならの夏」も三拍子。音域19度、最低音G、最高音Dで音域は広め。哀愁のある名曲だが音の跳躍も多いので声のレンジが広い人でないとうまく聞かせるのは難しい歌だ。
誰もがイメージするアニソンとはちょっとテイストは異なると思うが味わいのあるジブリ主題歌からの三曲を今回は紹介してみた。



カラオケ&弾き語りレッスンへはクリック! カラオケがうまく歌えなくて悩んでいるかた、楽器未経験でもピアノ弾き語りに挑戦してみたいかたなど、教室でのカラオケ上達レッスンに興味のある方は、 メインサイト、☆脱!カラオケコンプレックスのレッスン案内のページもあわせてご覧下さい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。