So-net無料ブログ作成
検索選択

歌いやすいアニソン難しいアニソン 1 [カラオケ上達レッスン♪]

☆脱!カラオケコンプレックス で特集しようと思いつつ、ずっとやっていなかったアニメソングを今回から少しずつ見ていくことにしよう。
まずはカラオケボックスで履歴を見ると今でもよく目にする「残酷な天使のテーゼ」。昨今のアニメソングとしてはめずらしく、年齢問わず歌われている時代を超越したヒット曲。高橋洋子が歌ったアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌だ。カラオケの総合ランキングでもいまだに上位に入っている。
多くの声優にカバーされていてさまざまなバージョンがあるがほとんどはオリジナルキーで歌われている。声優さんたちって本職の歌手よりも歌がうまい人も多い。前にも言ったけれど、今は声優のレッスンに歌が組み込まれていることも多い上に、特に感情表現という点では、J-popのアーティストは声優にまったくかなわないだろう。
当然、高い声が出る声優さんも多いわけだけれど、歌手よりも声が出る人たちでもこのキーで歌うと言うことは、やっぱり平均してこのくらいの音域、このくらいのキーが一般的な高さなのだ。もちろんこれは「女性のキー」であるが、音域が狭いので男性でもこのままで歌いやすい人も多いはずだ。次の譜表が「残酷な天使のテーゼ」のオリジナルの音域だ。
key-anime-1zankoku.gif

メインサイトの脱!カラオケコンプレックスで紹介しているキーの表示方法に準ずるが、音域14度、最低音B♭、最高音C がオリジナルキーだ。ちなみに我々ミュージシャンが「キー」と言うのは、音階を現す「調」の意味の場合と音域そのものを言う場合もある。この場合は当然ながら高さをふくめた「音域」の意味合いでのキーになる。
「残酷な天使のテーゼ」がカラオケランキングの上位にずっと入っているのは、このごく一般的な音域とキーで作られていることも大きなファクターになっていると言える。音域の幅自体も狭く作られているので高い声が出ない人でもキーを下げれば確実に歌える数少ない一曲と言える。メロディーは歌謡曲寄りだがリズムが特徴的なので古さを感じさせないところも広く歌われている理由の一つだろう。

key-anime-2tamasi.gif

もう一曲は、同じく新世紀エヴァンゲリオン映画版のテーマで「魂のルフラン」。こちらもごく一般的なキーで作られていて歌いやすい一曲と言える。音域15度、最低音G♯、最高音B。今時の歌ばかり歌っているカラオケファンだと低く感じる人もいると思うが、平均的な女性の声域から言うと、これが特段低いとは言えない。もっと低い音が出てくる歌は、近年の女性アーティストの楽曲にも山のようにある。「残酷な天使のテーゼ」と「魂のルフラン」、この二曲は練習曲としても覚えておいていいと思う。いずれもアニメソングを超越した微妙なバランスをとっている歌なので、アニソンが肌に合わない人もカラオケで歌ってみて欲しい。


カラオケ&弾き語りレッスンへはクリック! カラオケがうまく歌えなくて悩んでいるかた、楽器未経験でもピアノ弾き語りに挑戦してみたいかたなど、教室でのカラオケ上達レッスンに興味のある方は、 メインサイト、☆脱!カラオケコンプレックスのレッスン案内のページもあわせてご覧下さい。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。