So-net無料ブログ作成
検索選択

カラオケで歌いやすい歌って… [カラオケ上達レッスン♪]

まずはカラオケ上達のアルカディアからお知らせです。
昨年末(2012年)からお知らせしていたとおり、☆脱!カラオケコンプレックスのウェブサイトをおいているサーバーを変更しました。それにともない、お問い合わせいただくさいのメールアドレスも変更しましたので、以前にカラオケ上達、ピアノ弾き語りレッスンにお問い合わせいただいたかたでレッスンを希望されるときは、☆脱!カラオケコンプレックス のメールフォームからあらためてご連絡ください。

カラオケ上達サイトの☆脱!カラオケコンプレックスでもアーティストごとにテーマをしぼって
カラオケで歌いやすい歌がないか探してみるという試みを実施しているが久しぶりにカラオケで歌いやすい歌について考えてみたいと思う。
まずこのブログのことで言うと、アクセス数が多い記事はいくつかに特定される。

「プロのアーティストよりもカラオケの方が声量は重要!」
「藤原紀香へ陣内智則が贈ったピアノの弾き語り♪」
「女性がカラオケで歌いやすい歌は」

以上が検索してアクセスしてくれるユーザーから閲覧数が多い一位から三位までの記事。これ以外の記事も閲覧されているのだが、この三つの記事の閲覧数がダントツで多い。
閲覧数二位の「藤原紀香へ陣内智則が贈ったピアノの弾き語り♪」の記事は弾き語りに関するものなので別だけれど、一位と三位の記事は、カラオケで歌いやすい歌はこんな歌があるよと言うことを書いた時のものなのだ。

企業サイト個人サイトを問わず、カラオケが上手くなる情報を掲載しているサイトは山のようにあるが、まともなことを書いてあるサイトはごく少数であり、まともな内容を書いてあるサイトもそれは「カラオケ練習方法」の説明であるため、実践してもすぐに効果が出るというような種類のものではない。それならばカラオケが苦手な人がレッスンを受ける以外にすぐ出来ることがあるとすれば、カラオケで楽に歌える歌を一曲でも知っておくことじゃないだろうか。その結果が上記ブログ記事への検索結果につながっているのだ。すぐにうまく歌えなくてもいいけど、初心者でもすぐに歌えそうな歌を二、三曲でも歌って、その場をしのげればと考える人が多いのだろう。

死んでもカラオケなんか歌いたくないという人だって、カラオケの席に着かざるをえない時は今は必ずやってくるからね。ちょっと話はそれるけど、事実こんな人たちも私のレッスンにはやってくるんだ。
「私は業務でどうしても必要だから来たんですから!」とツンツンしながらはっきり言い切ってきた美人キャリアウーマン嬢とか。(笑)
「ほんとにうまくなれるのかよ…」と口には出さずともあきらかにそれが表情に出ていて最初はムスッとした顔でレッスンを受けていた誰でも知ってる超有名企業のエリート氏とか。
ところがしばらくレッスンをすると勘のいい人なら歌えるようになっていくのを実感するから、やりたくもないレッスンに来ていた生徒さんでも表情や態度がガラッと変わっていつの間にか楽しそうにレッスンを受けてくれるようになる。カラオケがうまく歌えるようになってくれたり、ピアノで弾き語りが出来るようになってくれるのはもちろんうれしいんだけれど、それ以上にこのツンツンしたりムスッとしていた生徒さんの気持ちが変わっていくのが私にとって何ものにも変えがたい喜びなのだ。
よくあるミュージックスクールやカラオケ教室と私のレッスンが一番違うのはここなのかなとも思う。ミュージックスクールなら音楽をやりたくて習いに行く人ばかりなんだけれど、私のところには嫌々とか渋々なんだけれど勇気を出してレッスンにくる人もかなり多い。

話を戻すけれど、レッスンに通う必要までは感じなくてもせめてカラオケで歌いやすい歌がないかこっそり探している人は多いんだ。とは言ってもこれだってそうそう簡単に見つけられるものではない。
しょっちゅうカラオケに行って歌っている人ならば、歌いやすい歌と歌いづらい歌をいくつかあげることはできるだろうが、カラオケで歌いやすい歌を探している人たちの大半はカラオケボックスにさえ行ったこともない人だっているからだ。カラオケが苦手な人の中には今まで歌謡曲の類をまったく聴いてこなかった人もいる。ほとんどカラオケに行ったこともない人にとってどの歌が歌いやすいのか見極めるのは困難な上に、人それぞれ歌やアーティストに好みだってある。
歌いやすい歌って言っても各人の好みもあるし、歌の年代も関係してくるから難しい面もあるんだ。歌の年代って言っても自分の年齢や音楽を聞いていた年代という意味もあるけれど、人によっては会社の上司やずっと年齢の高い顧客を接待するから古い歌も覚えたいという人もいるしね。仲間内のカラオケならともかく、ほかの人が歌う歌と、かぶっても困るだろう。

カラオケで歌いやすいと言えば、「キューティーハニー」や「愛のうた」をカラオケで熱唱している女の子も多いと思うけど、たとえば三年前の楽曲で見てみると「Lick me」や「Alive」など、倖田來未は楽曲によっては楽な歌を見つけやすいかも知れないね。
女性の歌なら最近は耳にする機会が減った「モーニング娘。」で比較的新しい歌とかどうだろう。同じく三年くらい前の楽曲だと、「しょうがない 夢追い人」や「泣いちゃうかも」など、AKB48じゃ歌いづらいっていう女性も多いだろうから微妙なとこを選曲してみるのも面白いと思うよ。
楽曲の作りだけを見れば、モーニング娘。を代表とするハロープロジェクトの楽曲は「歌謡曲寄り」、
AKB48をはじめとする秋元康アイドルプロジェクトの楽曲は「アニソン寄り」とも言えるんじゃないかな。
まあ、これはカラオケで歌いやすい歌を探す時に誰でも知ってる歌じゃなくてもいいんじゃないかっていう探し方の方法の一つ。それから私が言うのは「覚えやすい歌」という意味ではないからね。あくまでも比較的「声を出しやすい歌」という意味でのカラオケでも歌いやすい歌。
もう少し大人の歌をカラオケで歌いたいというあなたは、☆脱!カラオケコンプレックスサイトのアーティスト別にヒット曲のキーを調べてカラオケで歌いやすい歌 を選曲する企画も参考にしてみてください。男性アーティストが女性の歌をカバーしたり、女性アーティストが男性アーティストの歌をカバーしていたり、演歌歌手がポップスをカバーしていたりとバラエティに富んでいますのですべてのページを覗いてみるとカラオケで歌いたい歌が見つかるかも知れません。


カラオケ&弾き語りレッスンへはクリック! カラオケで歌えなくて困っている方、楽器未経験でもピアノ弾き語りに挑戦してみたい方など、教室でのカラオケ上達レッスンに興味のある方は、 メインサイト、☆脱!カラオケコンプレックスのレッスン案内のページもあわせてご覧下さい。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0